中古パソコン 選び方

「そろそろパソコンを買い替えたいな・・・」

「中古のパソコンって質が悪いんじゃないの?」

そういった思いを持っていませんか?この記事を読んでいるアナタはそう思いながら中古パソコンの事を色々と調べているのかもしれませんね。

 

パソコンを買うとなると、新品だと結構な費用もかかってくるので中古のパソコンも選択肢に入れておいても良いと思います。

 

それに今は、粗悪な中古パソコンが決して多いわけではなく、しっかりとした選び方さえ間違わなければコストパフォーマンスは抜群です。今回は失敗しない中古パソコンの選び方を解説していきますね。

 

正しい中古パソコンの選び方

中古パソコン 選び方

ウィズくん

中古パソコンを購入するなら正しい知識を持っておかないと失敗するよ!しっかりと注意点を読んでね!

中古パソコンは電気街やネットでかなりたくさん売られているのですが、これだけ売られているということはそれだけの市場があるということです。

 

にも関わらず、周りに「中古パソコンを買おうと思うんだけど・・・」と言うと、ほとんどの確率で「やめといた方がいいよ!」と言われると思います。

 

それは、まだ中古パソコンに対する不安や良くない先入観があるからです。

 

特にPCの知識がない人だと、「店員に騙されるんじゃないかな・・・」という不安はよくあります。僕自身もパソコンのスペックの事が全くわからない時には、店員が何の話をしているのかさっぱりわからなかったし、ウソを言われてもそれさえもわからなかったと思います。

 

それに、中古パソコンは安い、コストパフォーマンスは良いと言っても数万円は必ず支払うわけなので、失敗はしたくないですよね。まずはそうならない為の注意点をまとめてみました。

中古パソコンを買う時にジャンクや中古ならではの欠陥を確認しよう!

まさに中古パソコン特有のものですが、ノートパソコンでよくあるが、バッテリーの保証が全くないことです。

 

これはどのお店もそうだと思うのですが、バッテリーは基本的に保証の対象外となっています。なのであまり付属のバッテリーに期待しないようにしましょう。

 

ただ、いくら保証がないと言っても全く使えないバッテリーかどうかは確認したいですよね。そんな時は店舗で買う時には必ずその場で一度電源コードを抜いてもらうようにしてください。

 

バッテリーが死んでいると、コードを外してスグにバッテリー切れの状態になってしまうので、最低限のバッテリー状況は確認できます。

 

その他に中古パソコンを買う時の注意点を以下に挙げます。

 

  • 欠陥品はないか?
  • 説明書はあるか?
  • 付属品はあるか?(バッテリーや電源コードなど)
  • バッテリーは死んでいないか?
  • 傷や汚れの程度は許せる範囲か?
  • 本体の保証はどの程度あるか?

 

中古のパソコンを購入するにあたっては、必ず上の注意点を確認しながら選ぶようにしてください。

 

中古パソコンということは、当然前に持ち主がいたわけなので、その人がどういった使い方をしていたのかでパソコンの寿命は大きく変わっていきます。

 

車で言うとワンオーナーや法人オーナー系の車は特に人気となるように、パソコンもできれば前の持ち主が一人の人がキレイに丁寧に使ってくれている方が良いわけです。

 

車と違って、登録などはないので細かく調べることはできないですが、チョットした確認をすることによって良いパソコンを見つける目安になる方法があります。

 

それは、キーボードのすり減りと、USBポートのチェックです。

 

ノートパソコンだと、長く多く使えばそれだけキーボードの文字もすり減ってきます。すり減っていない場合は、そこまでたくさん使われてきたわけではないと考えることができます。

 

そして、USBポートは結構ホコリのたまりやすい場所なので、ショップがキレイに掃除してくれているかを確認することによって、その店舗の安心感も測ることができますし、あまりにも汚いと、そのパソコンがどう使われてきたかの目安にもなります。

 

細かなことですが、中古パソコンを買うならこの2点は目視でチェックしましょう!

 

チェックしたい4つのポイント
  • 不具合や欠陥品の確認
  • 本体商品の保証期間
  • キーボードのすり減り
  • USBポートのホコリ具合

中古パソコンを買うならどのメーカーがオススメ?

中古パソコンの種類は山ほどありますが、メーカーを気にして選ぶ人は多いでしょう。

 

例えば、VAIOであったり、東芝や富士通など日本メーカーであれば、精度に信頼もあって壊れにくいんじゃないかなと思えます。逆に海外製のDELLやHP、acerやASUS、Lenovoなどはまだ商品力としては信頼しにくい人も多いかと思います。

 

新品で購入するならサポートの違いもあるので当然それは日本メーカーの方が上かもしれませんが、中古だとメーカーの保証期間が終わっていれば、サポートはないですし、実際に入っているCPUやOSはどのメーカーも同じものなのでそこまで大差はありません。

 

でも、現状は日本製品の方が信用もあるので、販売価格としては日本製の方が高くなっています。ということは、DELLやHPなどの海外製を狙うと更にお得にパソコンを購入することができますよね。

 

アナタが何を優先するのかを考えてみましょう。商品への信頼なのか?デザインなのか?それとも価格なのか?

 

それを元に選んでみてくださいね。

日本製でも法人向けの中古パソコンは狙い目!

上記では、価格が安いものを狙うなら海外製を狙うべきと書きましたが、例外が一点あります。

 

それは日本メーカー製のパソコンでも、法人モデルであれば海外製と同等くらいの金額で販売されているので、そこが一番の狙い目ということです!

 

中古パソコンの仕入先としては、個人からの買い取りもありますが、多くは法人へのリースが終了したパソコンが多くなっています。法人モデルのリースはだいたい5年くらいなので、5年落ち以降のモデルを手にすることができます。

 

デザインを重視するとなると、法人モデルは理想的ではないかもしれませんが、機能面で言うと同金額で戦うとなると確実に法人モデルの方が良くなるので、ここに目をつけても良いかなと思います。

 

ここが狙い目!
  • 法人モデルをチェックしてみよう!

中古パソコンを買いに行くベストな日!

ネットの購入ではなく、東京なら秋葉原、大阪なら日本橋などの電気街で購入する前提で話を進めます。

 

ソフマップなどでもセールをしている日があるので、東京や大阪の人以外でももちろん安く買える日はありますが、やっぱり電気街ということもあって競争もあるので、もし可能なら大阪or東京の電気街で購入するのをオススメします。

 

電気街では週末多くの人が訪れるので、当然その日に合わせて【週末セール】を開催することが多いですが、特に狙い目なのが雨の日です!

 

ショップなどの路面店は、どうしても雨になると客数も減ってしまうので、売上も落ちてしまいます。

 

それを取り戻そうと、雨ならではのセールをしていることが多く、それも毎週やっている週末セールよりも更に割引率も高い場合が多いです。

 

こういうセールは、ソフマップなどの大型店ではなく、中古パソコンを扱っている小さなショップなどがオススメですよ^^

 

ここが狙い目!
  • 雨の日セールを狙ってみよう!

欠陥品をつかまされないために

今はそこまで気にしなくてもよくなったとは思いますが、ごくまれになかなか売れない欠陥品を初心者に買わせようとするショップも中にはあるでしょう。

 

パソコンの知識が低い人は店員の話を鵜呑みにすることが多いだろうと思うので、注意してほしい事が一点だけあります。

 

素人の分からない言葉を使ったりして話してくる店員は信用するな

 

素人の客を相手に、専門的な話ですすめようとしてくる店員は信用してはいけません。

 

逆に噛み砕いて丁寧に教えてくれる店員だと安心して購入できる店舗と考えても良いと思いますよ^^

 

ウィズくん

信用できる店員は信用できる店舗!スペックの前に大事にしておきたい事だよね。

参考:ネットビジネスの収益をより加速させてくれる便利ツール21選

中古・新品問わず知っておきたいパソコンのスペック

中古パソコン 選び方

ウィズくん

作業するのにパソコンのスペックはかなり大事!どういった物を購入するべきか参考にしてね。

これは中古か新品かを問わず、これからパソコンを購入するなら必ず知っておきたいパソコンのスペックを紹介します。

 

パソコンのことなんて【ちんぷんかんぷん】な初心者でもわかりやすいように、簡単に説明していきますね。

OS

中古パソコンのショップなどでは、たまにOSなしのパソコンも売られていますが、基本的には何かしらのOS思ってが入っています。

 

Macの中古はあまり流通していないので、ここではWindowsのみで話を進めますが今のところサポートされているOSは以下の4つになります。

 

  • Windows Vista(2017年4月11日サポート終了)
  • Windows 7(2020年1月14日サポート終了)
  • Windows 8/8.1(2023年1月10日サポート終了)
  • Windows 10

 

ただ、Windows Vistaに関しては、間もなくサポートが終了ということと、OSとしては流通もほとんどなくかなり批判のあったOSなので今回は省きます。

 

中古パソコンのショップなどでは、主に流通しているOSなのではWindows 7とWindows 10という印象です。Windows8/8.1もVistaと同じく、使い勝手が悪く、もっさりとしてPCのが重たくなってしまう印象なので理由がない限りは選びません。

 

そんな理由で、購入するべきOSはWindows 7か10になるのですが、どちらかと言うと根強い人気なのが、Windows 7です。

 

やはり使いやすさとOSの軽さを考えるとWindows 7が個人的にも一番使いやすかった印象ですが、デメリットとしてはサポートが2020年1月で終わってしまうこと。

 

どういった事にPCのを使うかにもよりますが、ウイルスの脅威はネットを使う以上必ずあるので、個人情報(パスワードなど)を入力したり、業務的なことでネット回線を使うならサポートは気にしておいた方が良いでしょう。

 

上級者になってくると、サポートが終了してもウイルスソフトで凌ぐとか…何とか…あるみたいですが、中古パソコンは3年くらいしか使わなくて済むならWindows7で良いかと思います。

 

ただ、Windows 10も8からかなり改良されていて、使いやすくはなっていますし、まだ最新のOSだけあってサポートも充実しているので、10を使用しても全然問題ありません。僕は8からアップグレードして10にしましたが、結構気に入ってます。笑

 

あと気にしておきたいのが、WindowsのOSには、32bitと64bitというものがあるのですが、32bitしか対応していないソフトを使うのではない限り64bitを選びましょう!もし店頭の表記にbit数が書いていなければ必ず店員に聞くようにしてください。

 

32bitではメモリが4GB以上あっても3GBしか使うことができなくなって使用するのに色々と支障になってしまうので、ここでは64bitを選びましょう!

 

OSまとめ
  • 3年以内に買い換えるなど一時的ならWindows 7でもOK!
  • bit数は64bit一択!(32bitしか使えないソフトもあるのでその点注意!)
  • Windows 10ならサポートも長く受けられる

メモリ

次うに気にしておきたいのがメモリです。

 

メモリは大きければ大きい方が良いのですが、先程も伝えたように32bit版では、どれだけたくさん搭載しても3GBまでしか使うことができないので注意しましょう!

 

メモリとは、何かというとよく言われるのが、机の上の大きさです。

 

パソコンでは色んなソフトやブラウザを使ったりしますよね。それを机で例えると、色んな作業を机の上で行うと物で溢れて窮屈になってしまいます。でも机が広ければ広いほど、わざわざ片付けをしなくても窮屈にならず作業を効率的に行うことができます。

 

メモリはソフトを立ち上げる程圧迫されていくので、メモリは多い方が良いということになります。そういった事からメモリは4GBはあった方が良いでしょう。

 

もし、ネットビジネスや仕事で使うことがあるとするなら、もう少し多くても良いと思います。ただ、パソコンにはどのくらいまでメモリを搭載できるか決まっているので、購入前には必ず確認するようにしましょう!

 

メモリまとめ
  • メモリは最低4GBは必要

CPU

先程紹介したメモリは机の上の広さを表しましたが、今回のCPUは頭脳の事を言います。

 

要するに、頭脳の回転の速さの事で、これが良ければ良いほど金額も高くなりますが、高度な作業をしてもストレスなく作業することができるようになるわけです。

 

以下によく流通しているパソコンのCPUの性能順を記載しておきます。

 

Atom<Celeron<Core i3<Core i5 <Core i7

 

一番性能が低い【Atom】ですが、これはタブレットやモバイルノートPCといったものに搭載されているCPUになります。

 

Atomでも、ワード・エクセルやちょっとしたネット閲覧くらいならストレスなくできると思うので、そういった使い方ならモバイルノートとかでも選択肢に入れておいてOKです。

 

Celeronについても、性能が悪いというわけではなく、Atomと同じようにワード・エクセルやネット閲覧はCeleronで問題ありません。

 

仕事で作業をするとなると、Core iシリーズを搭載したパソコンにしている方がストレスなくできるので、パソコンで何をするかを考えながら選びましょう!

 

CPUまとめ
  • ワード・エクセルやネット閲覧くらいならAtom or CeleronでOK!
  • 仕事の作業で使うならCore iシリーズを!

その他の見ておきたいスペック

上の3つのスペックに関しては中古パソコンかどうかに関わらず、パソコンを購入するには必ず知っておきたい情報です。

 

その他にも、ノートパソコンであれば、無線LANが搭載されているかどうかは結構重要です。

 

もし搭載していなければ、後付けでも無線LANは売っているので大丈夫ですが、最近のノートパソコンは基本的には無線LANはついているので、ついている方を購入した方が良いでしょう。

 

これはノートもデスクトップどちらにも言えることですが、DVDドライブドライブなのかブルーレイドライブなのかは見ておきましょう。ブルーレイを見たいのにDVDドライブ搭載のパソコンを買ってしまってはもったいないですよね。

 

そして、高速ディスク対応なのかどうかもしっかり見ておきましょう!

 

ウィズくん

次はどんな用途で使うかによって必要なスペックの例を出していくよ!自分に合うものを読んでみてね^^

参考:これがあれば充分!無料でできる画像圧縮サービス3選

用途別の備えておきたいPCのスペック

中古パソコン 選び方

続いては、パソコンを使う用途によって、どのくらいのスペックのパソコンを購入すれば良いのかを目安として紹介していきますね。

 

例えば、家でネット閲覧くらいしかしないなら、CPUはAtom搭載のモバイルノートで充分!というように、アナタに当てはまる用途の目安にしてもらえたらと思います。

自宅でエクセル・ワードやネットサーフィン程度

自宅でしか使わないと決めているなら、ノートパソコンでもデスクトップでもどちらでもOKです。

 

ただ、片付けたいと思うならノートパソコンの方が良いと思います。

 

余談ですが、中古パソコンはデスクトップよりもはるかにノートパソコンの方が多く流通しているので、中古のデスクトップは比較的高くなる傾向にあります。(ゲーム用が多いので、その分スペックも高い)

 

必要なスペック
  • CPU→Atom
  • メモリ→4GB以上
  • HDD→60GB以上

外出先やカフェでも利用!仕事でガンガン使うなら

仕事でパソコンをよく使うなら、処理能力が高いCPUを選んだほうが良いでしょう。

 

それに、外出先やカフェでも作業をすることがある場合は、無線LAN搭載のノートパソコンを購入するとカフェのWi-Fiでネットをつなげることができます。

 

仕事でガンガン使うためならしっかりとしたスペックのパソコンを用意しましょう!

 

必要なスペック
  • CPU→Core i3 or Core i5
  • メモリ→8GB以上
  • HDD→SSD換装
  • 無線LAN搭載

ネットビジネスをしているなら

僕と同じように、ネットビジネスをしている人であれば色んなツールを使うのでできるかぎりスペックは高い方が良いと思っています。

 

中古であれば、予算も低くおさえることができますし、スペックをあげることで作業の効率化もできるので、良いパソコンを購入することはホントにオススメします。

 

画像編集のツール(フォトショップ等)を使う場合は、更に処理能力やメモリが高いものを買わないと、すごくパソコンが重たくなってしまうので要注意です。

 

必要なスペック
  • CPU→Core i5 or Core i7
  • メモリ→8GB以上(画像編集使うなら16GBあればサクサク動きます)
  • HDD→SSD換装
  • 無線LAN搭載
  • モニター(自宅で作業する時はデュアルモニターにすると尚良し)

 

参考:特化型ブログを作ってアドセンスを始める方法を1から解説

まとめ

中古パソコンを買うにあたっての注意点を書きましたが、中古と言っても、何年も前に発売されたパソコンから最新のパソコンまであるので、金額もかなりの幅があります。

 

もし予算的に余裕があるなら高くても問題ありませんが、できるだけ費用を抑えたい人でも1万円台で買えてしまうようなパソコンはあまりオススメしません。

 

安くても2万円以上するものを選ぶことで最低限のスペックと、保証は担保できるはずなので、その点は頭に入れておいた方が良いかなと思います。

 

また何かわからないことなどあれば、何でも聞いてくださいね^^

 

参考:全部無料で使える!差別化できるフリー素材写真サイト9選