こんにちは。少し前から気になっていたTweetがあって、自分の考え方の整理を含めて、記事を書くことにしました。

 

内容はタイトルのままなんですが、今から新規でアフィサイトを作るならどうやって作っていくか?をテーマにしています。と言っても、やっぱり基本的なことが多くなりますが。

 

いざ書いてみると、結局1万文字を超えてしまいました。長文すぎて吐きそうという方はこちらの「ネットの天国」で癒やされてくださいませ。

 

新規サイトを立ち上げる条件

まず、気になっていたTweetは以下になります。

 

Twitterにいるなかじさんという方のサイトに実際の質問者さんから内容が記載していますので、そちらも合わせて見てみてください。

 

なかじさんがこれから新規ドメインでサイトを作るとして、3ヶ月後にいくらの収益を生むサイトを作る自信がありますか? ジャンルは仮想通貨以外なら何でも良いとして、手法は問いません! 半年で10万円のサイト作れればかなりスゴいと言われる世界ですが、トップアフィリエイターが本気を出したらどれくらいなのかなと気になりました。

出典:アフィリノオト

 

人のサイトの質問箱を使って自分の記事にしてしまうのはどうかと思うのですが、ふと「具体的にどうするかなぁ。」と考えてみたくなりました。

 

ウィズくん

無断で申し訳ないですが、質問お借りします!

 

こちらの質問を見ると、サイトを作る上での手法について問われていないですが、手法の制限がなしだと話のまとまりがなくなってしまうので、新規サイトを立ち上げる上で条件を付けたいと思います。

 

新規サイトを立ち上げる条件

新規サイトを立ち上げる上での条件は以下のようにしてみました。

  • ホワイトハット
  • 新規ドメイン
  • 中古からの自演なし
  • ASP&アドセンス
  • 期間は3ヶ月

 

一番ここで重要なのが、期間は3ヶ月しかないという前提です。手法の制限をしない代わりに、期間という一番厳しい条件が付されています。3ヶ月でできることなんてかなり限られてきます。これは、専業か兼業かによっても作業量に大きな違いがありますし、自分のやれる枠の中で最大限できることを進めていくことが重要になるかと思います。

 

ここで書いていることは、あくまでも「今の頭のままで、何の武器もなく、新規でサイトを立ち上げたら?」という内容になります。今でも新規サイトは作りますが、今の方法では既存サイトとの関係や持っているものを使えるので、初めて作るときのように新規サイトの立ち上げに苦労しません。

 

それでは全く参考にならないと思うので、知識は今のままで新規ドメイン、ホワイトハットという条件の中で作り進めていくという形にします。あくまでも実際に作るわけではなく、妄想ですが…。

 

基本的な作り方の考えは変わらないですが、その場面、状況によって手法なんてガラリと変えていくものと思っているので、ここでは順調に進んでいると仮定しながら進めていきます。

 

自分の立ち位置

その前に、どんな人が新規サイトの話をするの?と思われるかと思いますので、一応簡単にお伝えしておきます。

 

  • アフィリエイト歴3年
  • 月商7桁
  • 男性・独身・専業

 

アフィリエイトのハードルとしてよく言われる100万を達成してから1年ほどなので、実際にそこまですごい経歴ではありません。

 

新規サイトを立ち上げる

さて、ここまでダラダラと書いてきてしまったので、早速新規サイトの話に進みたいと思います。

 

アフィリエイトサイトを作る流れは人によって違うと思いますが、現状自分の場合は、良い案件があればという考えでスタートさせていきます。自分の中で良い案件の定義は以下になります。

 

  • 単価が高い(特単で5,000円超えるもの)
    ⇒特単のハードルが低い、デフォルトの単価が3,000円程度ある
  • 承認率が高い
    ⇒最低でも60%の承認率は欲しい
  • 世間的に売れている・認知されているもの
    ⇒CMや広告費をかけている商品
  • 興味のあるジャンル・商品
    ⇒自分の中でそれほど重要ではないですが、興味があればリサーチも進むかなと。

 

上記のような枠組みの中で、良い案件があればそちらを選び、やりたいジャンルが先であれば、その中で一番近い案件を選ぶという形です。

 

売りたい案件・ジャンルを決める

新規サイト立ち上げの時に、何の案件が良いのかわからない方の場合はジャンルから入っても良いかと思います。例えば、お子さんがいるから子育て系のジャンル、ペットを飼っているからペット系のジャンルなどです。

 

よく子育てジャンルはもうレッドオーシャン」なんて言われていますが、果たして本当にそうでしょうか?全ての言葉、全てのキーワードが強豪達で埋め尽くされているとは到底思えません。

 

確かに、主要なものは埋め尽くされている感はあります。ただ、それって代表的なキーワードや誰もが知っていることばかりなだけで、世の中にはまだまだキーワードはたくさんあります。これは日常から常に意識しているとよく浮かんでくると思います。

 

例えば、日常で目にしたものの複合ワードを考えることはよくやったりします。パソコンの前でキーワードを考えたりしても、やはり範囲が限られてしまいます。その点、日常から色々動いている時に目にしたものでキーワードを考えると思っている以上に浮かんできます。

 

また、ASPの担当さんがいれば気になる案件についてどんどん質問してみましょう。

 

  • どの程度売れているか?
  • 特単がもらえるハードル(月10件でいくら、20件ならいくらなど)
  • 可能ならキーワード

 

案件のリサーチをする

サイトを立ち上げる上で、まず重要になってくるのは知識です。特に男である僕にとって葉酸は生きていく上でほとんど耳に入ってこない情報なので、必要な情報を収集していきます。(※葉酸は男性にも必要です)

 

  • 売りたい商品
  • 競合商品
  • 栄養素
  • 利用者
  • TOPで狙うキーワード
  • 個別で必要な記事

 

サイトを立ち上げる前に、これらのリサーチは最低限しておきたいです。その他、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトはもちろん、クラウドワークスで同じような悩みを抱えた人に対してアンケートを取ってみるなどして、本当の悩みについて知っておくとベターです。

 

TOPで狙うキーワードを決める

案件のリサーチが終われば、続いてTOPページの作成に入っていきます。サイトによってはTOPページを記事一覧にしているサイトもちらほらありますが、アフィリサイトであれば一番重要な記事を書いておきたいところです。

 

TOPページで成約を取る。そんなイメージです。そのTOPを検索順位を上げる為に、個別記事やその他色々な施策を行っていくという流れで考えていけば良いでしょう。

 

今回はわかりやすく、TOPは「葉酸サプリ おすすめ」で狙い、案件は「ベルタ葉酸サプリ」などのサプリを売るという形で書きます。

 

ウィズくん

このクエリはおすすめしませんよ!

 

TOPは特に他の競合を考えなくてはいけません。今回はあくまで例であって、あまりにも競合が強いのに、とりあえずでスタートさせてしまっては必ず失敗します。その競合チェックも兼ねて、TOPで狙うキーワードを決めましょう。

 

売れるキーワードの見つけ方

ここで話を脱線します。中には、「どのキーワードが売れるのかわからない!」という方もいるかと思います。定番では、

 

  • 〇〇 おすすめ
  • 〇〇 ランキング
  • 〇〇 効果

 

などがよく売れると言われています。ただ、ここらのキーワードは競合も強いので、絶対に勝てません。これらのクエリを狙うなら確実に長期戦・札束攻勢覚悟です。

 

そういったキーワードではなく、ちょっとした穴場を狙う為に必要になるのがリサーチになります。売りたい案件に対するユーザーの悩みを知れば、簡単に売れるキーワードは必ず見つかります。売れるキーワードの見つけ方の一例は以下の通り。

 

  1. 案件の効果などを調べる(得られるもの)
  2. その効果を必要としている人を探す
  3. その人が悩みを解決する為にどんなキーワードで検索するか?

 

このあたりをQ&Aサイトなどで徹底的にリサーチしてみてください。イメージがしづらい人の為に一つ例に出してみましょう。

 

ASPの案件でもよくある、白髪染め用のヘアーカラートリートメントを売りたいと考えます。もちろん、セオリーで行けば、以下のキーワードが売れるものになります。

 

  • 白髪染め おすすめ
  • ヘアカラートリートメント おすすめ
  • ヘアカラートリートメント ランキング

 

しかし、それでは大きなキーワードすぎて競合になかなか勝てない為、意味がありません。そこで白髪染めに悩んでいるユーザーをリサーチします。(白髪でも白髪染めもどちらも含め)案件をリサーチすればわかりますが、ヘアカラートリートメントを利用するメリットとして、

 

  • 頭皮に優しい
  • 髪が傷まない
  • 毎日でも染めれる(少しずつ)
  • お風呂に入りながら染められる

 

などがありますが、その効果を求めている人がどういう人かを考えると、

 

  • 美容室や市販の白髪染めで頭皮が荒れた・かゆい
  • 白髪染めで髪の傷みがひどい
  • 染めてもすぐに根元が目立つ
  • わざわざ美容室へ行くのが面倒

 

あたりになるかと思います。上記に当たる人の悩みに対して、白髪染めのヘアカラートリートメントは売れる可能性はあるわけです。そこで、キーワードを考えると、

 

  • 白髪染め 頭皮 かゆい
  • 白髪染め 根元
  • 白髪染め 自宅 (簡単)
  • 白髪染め 傷まない

 

このあたりのキーワードなら、上記の悩みを持ったユーザーを取り込むことができるのではないかなと思います。もちろん、よく言われるように記事を書く際にはペルソナを設定して書くのは前提ですが、売れるキーワードの見つけ方にはこういった方法もあるということを知っておくことは大事じゃないかなと思います。

 

大事なことなので、もう一度書いておきます。

 

  1. 案件の効果などを調べる(得られるもの)
  2. その効果を必要としている人を探す
  3. その人が悩みを解決する為にどんなキーワードで検索するか?

 

必要な個別ページを書く

話がだいぶ逸れましたので、一旦戻します。

 

TOPや個別記事を書くときの前提として、狙っているキーワードでの1~10位は必ずチェックしています。

 

  • どんな内容を書いている?
  • 1~10位の共通内容は?
  • 何が書かれていない?
  • 自分がリサーチして必要なものはある?

 

凄腕アフィリエイターの方は、検索順位の1~10位等の記事をチェックしないという場合も多々あるそうなんですが、ここでは絶対に必要になる内容を見極める為や、自分が行ってきたリサーチの答えなどの方向性が間違っていないか?などを確認するために必ず行います。

 

一番大事なのは、1~10位の中であなたの記事が一番になれるか?その点に尽きます。ほんのたまぁ~にサイトの相談が来ますが、狙っているキーワードに対して、記事を見るとスカスカなんてよくあります。(人のことは言えませんが!)

 

書いた記事が1位になってもおかしくないと思えるほどの記事を書けているか?を自問自答してみましょう。そうすると、やることが明確になるかと思います。

 

個別記事で優先するのはTOPの補完になるもの

個別記事を書く上で必要なものは、TOPページの補完となる記事です。ここで、TOPページと全く関係のない記事は書きません。期間も3ヶ月と定められているので、必要な記事は選択と集中です。「何をして、何をやらないか?」当然、できることは全て行いたいところですが、これは期間関係なく意識しておいた方が良い考え方です。

 

基本的に必要になる記事は、

 

  • 案件の商標記事(口コミやレビューなど)
  • TOPページの補完となる記事

 

を優先していきましょう。案件として『ベルタ葉酸サプリ』を売る為のサイトですが、競合商品も多数あります。それはASPにある案件もあれば、ASPにないものもあります。

 

ベルタ葉酸サプリ以外の商品をどのくらいの数置くかによって変わってきますが、TOPページで掲載している案件の商標記事は必ず書いていきます。

 

PVを稼いでサイトへの流入を増やす

さて、ここまで行ってきたことはほとんどの人が実践している内容だと思います。むしろ、これを今更?って感じですよね。すみません。何度も言いますが、今回は3ヶ月でどれだけ売上を上げられるか?についての内容なので、基本的なことだけでは到底売上なんてついてきません。

 

特に最近ではインデックスするスピードも早かったり、遅かったり不安定なので、ここからはできる限りの施策をしていきたいと思います。(ここまででリサーチ含め1ヶ月前後、記事数10~15記事程度の妄想)

 

ホワイトハットということなので、自演リンクはできません。本音を言えばスパッとリンク貼りたいです。ここまでの流れだと、TOPは順位が付いていない、付いていても100位付けば良い方。個別記事に関しては60位~80位ほどの順位が付きだすか、まだインデックスさえされていない状況。

 

ホワイトハットってホントに修行…。でも、それが現実です。さて、ホワイトハットで順位を押し上げるのに一番最適なのはどんな形でも流入を増やすことです。そう、どんな形でも…です。

 

ソーシャルに強い人はTwitterやFacebookなどを使っても良いでしょう。僕はソーシャルにめっぽう弱いので、検索流入を稼ぎにイキます。その方法は、よく使われているトレンド系。

 

作っているサイトが葉酸サプリなのに、トレンド系なんてやって意味あるの?

あるんです!

 

むしろ、逆に聞きたいくらいです。ホワイトハットの評価が高まる期間がすごく時間がかかるこのご時世。たった3ヶ月でどうやって売上を上げろと…?だから言いました。「どんな形でも検索流入を増やす」と。元々アドセンスだけでやってきたこともあり、PV集めは比較的得意分野です。

 

トレンド系と言っても、芸能人のトレンド記事を書くわけではありません。ここでは、季節のトレンドやテレビのトレンドに乗って先回りして記事を書きます。

 

 

例えば、これから来るものとして、「祭り」があります。ここで、欲をかいて「天神祭」や「祇園祭」「ねぶた祭り」など大きなものを書いてしまってはダメです。そんなところはすでにトレンドアフィリエイターの巣窟・修羅場になっています。

 

そこで、祭りネタを書くなら比較的小さな地域の祭り・花火大会の複合ワードを書いたり、小さめのイベントなどを書いていきます。注意しないといけないのは、記事をアップする2ヶ月前後先のものを書くということ。

 

新規ドメインということで、もし明日のネタになるような記事を書いたとしてもインデックスされなければ全く意味がありません。なので、トレンドを追うときはできるだけ先のネタを仕込んでおくことが大事です。

 

インデックスにスピードが上がってこれば、テレビ欄の1週間先に行われる内容を先に書いておくのも良いです。例えば、よくあるのが、新しいダイエットの方法をテレビでやるときに、その新しいダイエット方法についての記事を先に書いておく。

 

もし、その時誰も記事を書いておらず、検索順位も高ければとんでもない流入がきます。まずは、どんな形であれサイトへの流入を増やすことが何よりも重要になります。そうすることで、葉酸の記事が80位→60位になり、一旦アクセスが落ち着けば70位になり、またアクセスがあれば、70位→50位に、というような徐々に順位を押し上げるような形になってくれます。

 

ウィズくん

徐々に順位を底上げしてくれるイメージ!

 

もちろん、似たようなジャンルでトレンドを追えるならその方がベストです。しかし、それが現実的ではない場合は、どんな形であれば流入を増やすことを優先していきます。ここでアドセンスを貼れば売上も作れます。

 

流入稼ぎの記事のトレンドが終わった場合は、削除でもOKですし、もし誰かしらにリンクをもらえてたらサイト内に置いておいても良いでしょう。サイト内にあるのが気になる場合は、その記事だけサブディレクトリに移動させてリダイレクトさせてあげればOKです。

 

もし3ヶ月という期間がなければ

今回の記事では3ヶ月でいかに売上を立てることができるか、という内容なのでトレンドでのアクセスを稼ぐ方法を書きました。今でも既存サイトに刺激を与えるためにこの方法を使うことももちろんあります。

 

ただ、3ヶ月という期間を取っ払ったとしたら、このトレンドはあまり使わないかもしれません。トレンドだけの為にわざわざ力を入れるよりも、他のコンテンツに力を入れた方が良いと思っているからです。

 

その他にも、流入を増やす方法として使うものは以下です。

 

  • Twitter広告
  • フェイスブック広告

 

ホワイトハットの初期段階で順位を上げるのは、どんな形であれ流入を増やしてあげることが大事です。その為、数千円、数万円だけでもソーシャルの広告を使うのはとても有効だと感じています。

 

余談

ここでもう一つ少し余談です。最近Twitterでは、有料、無料問わずnoteに記事を書くことがブームになりつつあります。(もう終わったかも?)

 

個人的にnoteを販売したりするのは大賛成な立場なんですが、せっかくの有益な情報だったとしても利益になるものってそんなに大きいものではないと思っています。(たとえ一時的に数百万稼げても)

 

特にブログ等を公開しながらやっている方であれば、noteに書くよりも絶対に自分のブログに書くべきです。その有益な情報を公開して得られる対価は決してその場のお金だけではないからです。(あくまでもアフィリエイトの話)

 

  • Twitterからの流入
  • 信用
  • 被リンク

 

信用に関しては賛否あると思います。ただ、何様なんだと思われるかもしれませんが、「これから頑張って欲しいな」と思っている方がすぐにnoteへ移行してしまうと、心のどこかで少し残念な気持ちになるのは確かです。

 

また、もし有益な情報だと思って購入してもらったとしてもこれらはnoteの方に行ってしまう為、本当にもったいないなと感じます。すでに月間数百万は稼いでいますよ。って方であれば、一つのプラットフォームとして利用する価値はあります。

 

でも、「まだまだこれからじゃい!」って方は、noteではなく自サイトに書いてフォロワーさんに読んでもらうことに徹したほうが後々の利益は色んな意味を含めて大きく返ってくるんじゃないかなと個人的に思います。

 

順位が付いてきたら追記・修正を繰り返す&必要な記事を足す

さて、またまた話を戻します。ここまで順調に来ました。そういう前提でっていうお話ですよね。ここまで来るのに、最低でも1ヶ月はかかるかもしれません。流入が多少あり、順位も付いてきたとしたら、サーチコンソールを確認しながら、必要な追記や修正を繰り返していきます。

 

その方法は、『ホワイトハットSEOで成果を上げた記事の書き方と上位表示までの手順』の記事で詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。こちらの記事は、修正・リライトをする上で必須なことが書かれている為、かなり役立ちます。

 

もし、TOPを完璧に補完できていない記事があれば、足します。TOPページも追記・修正を行うため、更に必要な記事が出てくるためです。その時、その場面で必要なものはどんどん入れていきましょう。

 

全く成長する兆しがない時の対処法

ここまで頑張ってサイトを成長させてきたはずですが、なかなか思うようにサイトが育たない場合もあるかもしれません。というよりも、3ヶ月という期間なら、ほとんどの人は成長させることなんて難しいです。僕もきっと同じだと思います。

 

そもそも、サイトを作り始めたばかりの人以外、一つのサイトだけに全力を尽くすということはほとんどの場合あり得ないですよね。力を入れながら、他サイトも修正を加えたり、A/Bテストしたり、現代人は忙しいです。

 

きっと、この葉酸サプリのサイトもまだそこまで成果が出せていないかもしれません。そんな時に試したいことを書きます。

 

新サイトを作る

え?サイト諦めるの?

そういうわけではありません。期間はたった3ヶ月しかありません。その期間内にできることは全てやっておきます。(余裕があれば)

 

新サイトを作る時は、今のサイトで一番PVが取れている記事のキーワードで作ります。なぜなら、そのキーワードなら順位が早く上がることを知っているから。そのキーワードを使い、新たなサイトを立ち上げて、その記事から元サイトへリンクを貼りましょう。所謂、姉妹サイト的な立ち位置です。

 

わかっています。リンクはなしって話ですよね。そんなこともあると思ったので、揚げ足を取られないように「中古からの自演はナシ」としてありました。これは新規ドメインです。ただただ流入のある新規ドメインからなのでセーフです。これなら、中古ドメインを貼ることを嫌がる勢力も納得です。

 

このような形で新サイトを立ち上げれば、流入もある程度見込めますし、狙っているアンカーでリンクも貼れるので、順位は上がりやすくなります。

 

それでも上がらない時の最終手段

もう何をやってもなかなか上がらない…。

 

そんなときもあるかと思います。むしろ、そんな時ばっかりです。検索順位なんてやることやっていれば、あとは水物です。3ヶ月で簡単に順位が上がれば誰も苦労はしないですし、上がっていたらアフィリエイターは今ごろみんな億リエイターになっています。

 

そんな時のとっておきの方法を紹介します。

中古からの自演リンクを貼る

はい、見出しの通りです。3ヶ月という期間で売上上げないといけない情感なので、この際手法どうこうなんて言ってられません。

 

このままコツコツとサイトを積み上げていけば3ヶ月以降はきっと…。

 

そんな希望は無残にGoogleに打ち砕かれます。ホワイトハットでコツコツと積み上げたサイトでも、理不尽なアップデートで一瞬でふっとばされます。そのことを知っているにも関わらず、どこかホワイトは飛ばされないという希望を持っている人は多いですよね。

 

僕が運営していたホワイトハットで月間90万PVあったサイトは、アップデートによって今では月間3,000PVになりました。でも、これがGoogleという土俵の上でビジネスをしている現実です。

 

例えば、もしこのままいっても順位が上がらず、赤字になるとわかっていたらどっちを選びますか?

 

  • サイトと心中する
  • リンクを貼って夢を叶える

 

中古からの自演リンクをすれば確実に上がるというわけではありませんが、少なくても助けにはなります。ただ、やみくもに中古ドメインを貼るのはやめましょう。

 

最低でも5個購入すべし!

中古ドメインの選び方は正直わかりません。ただ、当たり、外れはよくあります。もし、中古ドメインを購入するなら最低でも5つ欲しいです。金額は低いもので充分です。高いから良いというわけではありません。

 

中古ドメインを購入したら、ツールの記事でも、自分の記事でも何でも良いので同程度の記事・キーワードでインデックスさせてみましょう。そうすると、順位の付き方が全然違ったりします。

 

もちろん、『葉酸サイト』に貼るリンクは、5つの中から順位の付き方が高いものリストアップして2つ、3つ貼ってください。例えば、狙っているキーワードが『葉酸サプリ おすすめ』なら、『葉酸サプリのおすすめ』などのアンカーテキストにしてください。

 

残った中古ドメインは、自演した中古ドメインのサテライトにします。もしくは、サブで作ったサイトのサテライトにするのも良いでしょう。もし、中古ドメインに割ける予算がそこまでない場合は、全て自演リンクに充てても大丈夫ですが、アンカーテキストはバラした方が良いかもしれません。

 

もしペナったら使いまわせ!

中古ドメインからの自演リンクをすると、手動ペナが来る場合があります。アップデートも手動もサイトが飛ばされることに代わりはありません。飛ばされたドメインはもう使うことができませんが、コンテンツは使い回せます。簡単に言えば、ドメインの載せ替えですね。

 

なので、手動ペナが来た場合でもまた一からサイトを作らないといけないわけではありません。多少のリライトは行った方が良いですが、早く順位を上げれるものは上げて稼ぐ。飛ばされたら載せ替えてまた上げて稼ぐ。この繰り返しで現状は行けるんじゃないかと考えています。

 

最終手段の向こう側

たった3ヶ月という期間全く刃が立たず、何も生まれなかった…。

 

そんな時はもう諦めましょう。何もアフィリエイトを諦める必要はありません。サイトはいつどこで評価されるかわかりません。通常は半年、1年は必要なことは頭に入れておきましょう。

 

放置しても良いですし、たまに修正をしながら、新たなサイトを諦めずに作っていきましょう。

 

一つの手法に、一つのサイトにこだわってやるのも良いかもしれませんが、個人的にはあまりおすすめしません。その手法が通用しないと判断したら、新たな手法を取り入れる。それでもダメなら…の繰り返しです。

 

一つのサイトや手法と心中する気持ちでやるならわかります。でも、サイトを作りたくてアフィリエイトを始めたわけではありませんよね?ほとんどの人がお金を稼ぐためにアフィリエイトをしているものだと思います。

 

上手く行っているならその方法を続ける、ダメなら違う方法を試す。どこで見切りをつけるかは他人が判断できません。個人で戦う以上は、自分が主役であり司令塔です。

 

そうやって方向転換がしやすいのが個人で戦う一番のメリットです。ダメでも諦めず、どんどん失敗して日々1歩でも進んでいきましょう。

結論

さて、このようなジャンルや手法を行ったとして、自分の中で3ヶ月間トータルどの程度収益を上げられたかを予想すると、

 

  • アドセンス:5万
  • 葉酸サプリ:5件程度

 

このくらいが現実的かなと思います。しかも、この数字はあくまでも上手くいった方の数字としてです。『葉酸サプリ おすすめ』なんて売れるような順位にさえいないと思いますし、なんとか個別からの成約がほとんどだと思います。

 

もちろん、期間関係なく成長さえすればもっと売上は上がると思いますが、僕程度ではこのくらいだと思います。何度も言いますが、少しずつ日々積み上げていきましょう。

 

追伸

ここまで長々と書いてきましたが、実際に今こういったサイトを作るかと言われれば作らないかもしれません。でも、何も持っているものがないとすれば、今回書いたようなサイトの作り方をすると思います。

 

全くの新規ドメインで、新規サイトというのはなかなか骨が折れます。それなら、現在自分が持っているものを使って、色々と近道するのが良いです。こういった記事は多くの人が見ることになるので、具体的にどうするのかまでは書けません。

 

決して、「稼いでいる人しか知らない情報」というわけではありません。それでも、ある程度アフィリエイトで収益が上がっている人、特に検証好きな人と積極的に縁を持つと良い情報はたくさん転がってきます。

 

余程変な人じゃない限り、Twitterとかを利用すれば実際に会うこともできると思うので、ぜひ活用してみてください。